猫の睡眠について

我が家のネコのミナコは、私とベッドに一緒に寝ますが、朝の食事が済むと、今度はタンスの中に入っていって寝ています。

ネコの飼い方・育て方・しつけなどの本によると、ネコの睡眠時間は1日の3分の2ほどの、15時間も寝ているそうです。

ただし、熟睡していないので直ぐに目が覚めます。これは野生のなごりで、いつ敵や獲物がやって来ても良いように体力の温存をしてまどろみながらウトウトと一日を過ごすのです。

人間と同じ、浅い眠りのレム睡眠と、深い眠りのノンレム睡眠を繰り返して寝ているので、1日中寝ているように見えるネコも、深い眠りは3時間程度なので、本当は人間よりも眠いのかも。

いつも熟睡しているわけではないので、名前を呼んだりするとシッポをふって返事をしていますね。

逆に深い眠りのときは、鼻を触ったりシッポをにぎっても、熟睡しているので起きません。

ネコは一日の大半を寝て過ごすので、寝場所にこだわります。家の中では、寒いときは暖かい、暑いときには涼しいところを上手に探して寝ていますね。

そして飼い主の匂いのついたところが、安心して眠れるネコの好む場所です。家の外では、やはりネコの習性で外敵から身を守るために高い場所で寝ていますね。

muk350_17.jpg

外ネコのムックは暖かい日は、私のバイクの上が大好きです。