トイレのしつけ方

ネコを室内飼いする上で、避けて通れないのがトイレのしつけです。ネコは、本来決まった場所で排泄する習性があるので、トイレのしつけは比較的簡単に出来ます。

我が家のネコたちも簡単に覚えました。生後3~4週間したら、部屋の中でネコが落ち着いて出来る場所に、トイレ用器を準備をして待ちます。

人間でもそうですが、ネコは食事が済むと便意が起きてきますので、床を嗅ぎまわったり、そわそわと落ち着きがなくなったりしたらトイレのサインですので、すかさずトイレの中へ入れてあげます。

ネコの育て方・しつけで大切なのは、上手にできたら、充分にほめてあげることが大切です。

トイレではない場所にしてしまったら、お湯や消臭剤などを使ってその匂いをきれいに拭き取り、二度とその場所にしない様に気を付けて上げましょう。

匂いが残っているとまた同じ所でしまいます。猫砂には毎日、気を付けてあげたいですね。便がたまっていたらネコも人間と同じでいやでしょうから。

1ヵ月に1、2度位はトイレの用器を洗ってあげるといいですね。その時には猫砂はすべて新しく変えましょう。

猫砂も沢山の種類が販売されていますね。最近では、ひの木・紙製・竹炭・おから・鉱物系などと沢山の種類があります。

紙整の猫砂は、おしっこの吸収力は抜群なのですが、処分する時に固まりが崩れる時があります。色々と試してみると、汚れ具合や消臭効果などが、掃除をする時などに違いがわかりますので、ネコにも、飼い主にも良い物を選んで使いましょう。