スプレー行為について

我が家のオス猫のラブは去勢していますが、時々お漏らしをしてしまいます。多頭飼いによるストレスや、何か飼い主に解らない不満が有るのだと思います。

それにしてもネコのオシッコの臭いこと。猫の飼い方・育て方などの本に、ネコの先祖はエジプトの砂漠生まれと書いています。

ネコは乾燥した環境に対応した身体の為、他の動物に比べて水分補給が少ないのです。

人間でも汗をかきすぎた時や水分が不足した時の小便は濃くなっていますが、その為にネコのオシッコは強烈な匂いを発します。

その強烈な匂いを振りまくスプレー行為は、縄張りを主張したり、メスネコに自分の存在をアピールする為だといわれていますが、オチンチンの先が、ジェットノズルのようにすぼまっているために、スプレー状に出ます。

去勢をすればほぼスプレー行為はしなくなるそうです。

迷いネコのラブが我が家に来た時は、もう2歳から3歳くらいに感じましたが、スプレー行為を長く経験したネコを去勢しても、たまにしてしまうことがあるそうです。

猫の飼い方・育て方の本によると、オスネコは生後8ヶ月から手術を受けられるそうですが、早すぎる去勢で病気になることがあります。

ネコのオチンチンは他の動物に比べると小さいのですが、去勢によってますます小さくなってしまい、ゴミや尿石がつまってしまうそうですので、飼い主が気を付けて見守るしか無いですね。

我が子を育てるように、飼いねこに対する愛情があれば、うまくしつけられますよ。