生活環境について

猫の生活とは、寝て、食べて、出す、そしてたまに遊ぶことでしょうか。ネコは1日のほとんどを寝て過ごしています。

2歳から5歳くらいは、人間と同様に肉体的にもピークのときで、働き盛り・遊び盛りです。その年代はよく遊びましたが、人間と同じに、子供の時と老齢期は、寝てばかりです。

我が家のネコたちは4匹とも10歳以上ですので、寝てばかりです。一番年長の、枕の大好きなミナコと、ベッドで一緒に寝起きしています。

minako530_11.gif

朝は起きる時間になっても起きないと、顔をこすりつけてきて起こされます。

そしてすぐに食器の前に座り、目で要求します。餌をあげないで先にトイレに行くと、追っかけてきては、用を足してる足にスリスリして食餌の催促です。そして食べ終わると、すぐまた寝ます。

ベッドでの添い寝は小さいネコには危険ですので、しない方が良いでしょうね。我が家ではネコ用のベッドは小さい時だけで、大きくなると何処に寝ているのか分からないときがありますね。

狭いちょっとした隙間でも入って寝床にしますので、居なくなったと家中を探したりしていると、物陰からのっそりと出てきます。

ネコはやはり高い所を好みます。我が家にはネコタワーがないので、タンスの一番上を開けてあげてます。

ネコの飼い方・育て方、そしてしつけ方は、その家によって違っても、ネコに対する思いがあれば良いのではないでしょうか。