子猫の食事について

子猫は生まれてから、自分で離乳食が食べられるようになるまで1ヵ月くらいかかります。それ迄はミルクしか飲まない授乳期ですので、親猫からの授乳か、子猫用のミルクで育てます。

牛乳には猫に消化ができない乳糖が含まれているため、出来れば子猫用ミルクの方がネコのためには良いです。

我が家の清子は、子猫用のミルクで育ちました。清子が生んだ3匹は、清子の哺乳で育ちました。

sayako340_01.jpg

ねこの飼い方・育て方、しつけ方などの本に、母ねこから子ねこを離すのは生後2ヵ月くらいが良いと書いてあったので、我が家で生まれた3匹も、もらわれて行く日までの2ヵ月間、離乳食を食べながらも、母ねこの清子のオッパイにすがっていました。

清子も嫌がらずにリラックスして飲ませていました。人間でも同じですが、乳離れの時はかわいそうですね。

子ねこは1ヵ月くらいで離乳期になり、子ねこ用のキャットフードを食べられる様になります。

キャットフードはミルクやお湯と混ぜて、柔らかくしてあげましょう。ペットショップでも、ドライのキャットフードをお湯に浸したのをあげています。

生後3ヵ月くらいから徐々に成ねこのメニューに近づけていきましょう。 

子ねこは生後6ヶ月位で、親ねこと同じくらいに育ちますので、食事の回数を多くしてカロリーを多く取れるようにしてあげましょう。

1歳くらいまでは身体の成長段階ですので、身体の大きさが同じでも、運動量が多い子ねこは、親ねこよりもお腹が空くでしょうから。

子ねこの育て方で、食餌は一番大事なことです。 体を作る大切な時期なので、好き嫌いにならないように、いろいろなものを食べさせましょう。